上記タイトルの絵本が2月に出版され、3月に重版となり、さらにこの6月には3刷りが決まりました。この短期間に3刷り(4万部)になるとは思ってもみませんでした。それだけ日常生活で犯罪からの安全安心を求める子どもや保護者の方々の強いニーズがあるものと思います。

さらに嬉しいことは複数の外国出版社から翻訳出版の申し込みがあり、既に印刷中との情報が入ってきました。日本を基底とした「犯罪からの子どもの安全安心」が世界に発信されることは大きな喜びです。

短期間で重版、3刷りとなり、ホッとしました。これも絵を描いて下さった石塚さん、岩﨑書店のみなさま、防犯関係の方々、全国のお子さま、保護者の方々のお陰です。大変有り難うございます。さらに勉強を重ね、日本だけでなく世界中の子どもたちがより安全安心な生活を過ごせるよう努力してゆきたいと思います。

近いうちには、この絵本で安全安心を学んでもらいたいと思っていた子どもたちより、もう少し年齢の高い子どもたちを視野に収めた発達段階に沿った本が出版予定です(学研)。

これからも御指導の程よろしく御願い致します。

(文責 清永奈穂          2022/0/07)